病児保育室で働こう!看護師の求人探しと仕事の基礎知識

病児保育の看護師は求人は増加傾向?

都市部を中心として、病院やクリニック以外の看護師求人も多く募集されています。その中でも保育園の看護師募集も最近では増加傾向にあります。夫婦共働きの家庭も増えてきているので、子どもを保育園に勤務時間中は預けるという人も多いです。ところでこの保育園の求人の中には、病児保育の募集も見られます。

 

病児保育とは、子どもが病気の状態で預かるケースをさします。結婚して夫婦がいれば、どちらかが仕事を休んで子供の看病を見ることも可能です。しかしシングルマザーやシングルファザーになると、仕事の関係もあってなかなか子どもの看病ができないケースもあります。そこで看護師が親に変わって子供の面倒を見るわけです。

 

病児保育の看護師になるのであれば、まずは子供がどのような病状を抱えているのか、その情報収集する所から始める必要があります。全身状態を確認して、どのように看病をすればいいのかを考えましょう。薬を服用しているのであれば、薬を両親から預かることも忘れないでください。

 

病児保育室で働く看護師の勤務先はいろいろ

病児保育室の看護師の募集を見てみると、結構いろいろな職場から出ていることがわかります。まずは医療施設の中に併設されている病児保育室で募集しています。医療施設の中でも、病院もあればクリニックの中に併設されているケースもあります。大きな病院の場合、看護師の子供を預かるケースもあります。この場合、看護師が夜勤担当であれば自分も夜勤をしないといけなくなる恐れがありますので、事前に確認する必要があります。

 

その他には、保育園の中に併設されている病児保育室で募集の出るケースも多いです。病院の場合、薬などの医療設備が充実していますが、保育園の場合あまり充実していないケースもあります。ですから症状が悪化すれば病院への手配ということも考慮に入れる必要があります。

 

また最近では、病児保育室として独立して特化したサービスを提供している所も出てきています。都市部を中心で、徐々にこのような専門の病児保育室で看護師を募集しているケースも出てきます。